アイキララの成分と安全性は大丈夫?

 

アイキララ,成分

 

アイキララの成分と安全性は大丈夫なのか?詳しく調べてみました。

 

まず、アイキララには着色料、保存料、防腐剤が一切含まれていません。アイキララは肌に優しい植物由来の有効成分がたくさん含まれているため、肌が荒れやすい人でも安心して使用することが出来ます。アレルギーテストも行われているので、安全性は極めて高いのですが、使用する前には必ずパッチテストを行うようにしましょう。

 

アイキララには、以下のような成分が含まれています。公式サイトでは成分の詳細についてあまり詳しく書かれていなかったのですが、それぞれの成分にどのような役割があって、安全性はどうなのかまとめてみました。

 

  • DPG(保湿効果が高い。クリームの伸びを良くして肌に馴染みやすくする。)
  • コメヌカ油(セラミドと似て保湿効果が高い。肌を刺激から守る。)
  • パルミチン酸エチルヘキシル(ヤシ油などの植物由来の成分。クリームがベタつきにくくなる。)
  • グリセリン(天然性分で保湿効果が高い。肌が荒れてしまうのを防ぐ。)
  • ベヘニルアルコール(ナタネ油から取れる高級アルコール。安全性は極めて高い。クリームの乳化剤。)
  • トリエチルヘキサノイン(安全性の高い油性成分。肌のうるおいを保つ。クリームがベトつきにくくなる。)
  • ステアリン酸(飽和脂肪酸。抗酸化作用があるため肌の老化を防ぐ。)
  • ステアリン酸グリセリル(大豆油から取れる天然由来の界面活性剤。クリームの品質が長持ちする。肌を柔らかくする。)
  • セテス-25(非イオン性界面活性剤。クリームの乳化剤。)
  • ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸(別名「MGA」。ビタミンC誘導体で、メラニンの生成を抑えたりコラーゲンをサポートする。)
  • パルミトイルテトラペプチド-7(たるんだ肌にハリを与える。シワを改善する。)
  • パルミトイルトリペプチド-1(保湿効果が高い。肌を刺激から守る。肌にハリを与える。)
  • ステアレス-20(界面活性剤。安全性は高く肌への刺激は少ない。クリームの乳化剤。)
  • グルコン酸クロルヘキシジン(抗菌効果が高い。主に細菌に効果的。)
  • アンズ核油(アンズから取れる油で、ビタミンA・ビタミンB・ビタミンEが含まれているので美肌効果が高い。)
  • アボカド油(アボカドから取れる油で、肌の老化を防ぐ効果や保湿効果が高い。)
  • カニナバラ果実油(別名「ローズヒップ油」で、バラから取れる油のこと。ビタミンCが含まれているので、美肌効果が高い。)
  • ヒマワリ種子油(ヒマワリの種子から取れる油のことで、抗酸化作用があるため、肌をキレイに保つ。)
  • ナットウガム(納豆が原料の「植物性コラーゲン」で、保湿効果が非常に高い。)
  • BG(アルコールのひとつだが、肌への刺激は少ない。保湿効果が高い。)
  • ジメチコン(シリコンのひとつで、保湿効果が高い。クリームのベトつきを抑える。)
  • トコフェロール(別名「ビタミンE」のことで、脂溶性のビタミン。肌荒れを防いで、肌をキレイに保つ。)
  • シア脂(別名「シアバター」のことで、肌の保湿効果が高い。抗酸化作用もある。)
  • エチルヘキシルグリセリン(アルコールのひとつで、抗菌作用がある。保湿効果も期待出来る。)
  • カプリル酸グリセリル(酸化しにくい油剤で、保湿効果はあるがベトつかない。肌への刺激は少ない。)